ようこそオゾンの世界へ

なるほどオゾン〜ようこそオゾンの世界へ

当サイト「なるほどオゾン」では、オゾンの基礎知識から殺菌消毒の話し、そして何より今世界中を騒がせている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)及び新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防や対策まで、日常に役立つ情報を幅広くお届けします。

コロナ禍(ころなか)において、マスクや消毒液、除菌シートが入手しづらくなりました。そこで注目されたのがオゾンやオゾン水、それに次亜塩素酸水です。

アルコール、次亜塩素酸ナトリウム、オゾン、オゾン水、次亜塩素酸水(※)などには強力な殺菌消毒効果があります。それは新型コロナウイルスに限らず、かなり広範囲の菌やウイルスに対して、です。
※次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は別物です。

中でも、今もっとも普及が拡大していると言われているのがオゾンとオゾン水です。
理由は、オゾン発生器やオゾン水生成器などの機器を持っていれば、電気と空気(または水道水)だけで殺菌消毒効果が高いオゾンやオゾン水を簡単に生成できてしまうからです。
仮に、今後新たな「新型ウイルス」が流行し、パンデミックを引き起こしたとしても、オゾンやオゾン水を知っていれば、もうマスクや消毒液の品切れや買い占めに怯える必要はなくなります。

エビデンス(裏付け/証明)について

エビデンス(裏付け/証明)について
当然のことですが、当サイトで効果や作用について言及する際は、信頼できるエビデンス(裏付け)をもとに記事にしています。
エビデンスについて、よく「エビデンスがあるかないか」で議論されている場面を見かけますが、その出発点は誤りです。
これは化学や科学、医療の専門家であれば異論はないと思いますが、エビデンスは「あるかないか」ではなく、「強いか弱いか」なのです。
弱いエビデンスをどれだけ積み重ねても、強い証明にはなりません。
また、たとえ弱いエビデンスであっても、エビデンスがないよりかは、はるかに信頼できます。
そういうことも踏まえたうえで、当サイトではどのような話題についても、できる限り強いエビデンスベースでお話しを進めていきたいと考えています。(やむを得ず弱いエビデンスしかない場合はそのことを必ず書き添えておきます)

アルコールや次亜塩素酸も使い方を誤れば十分危険なのに、なぜかオゾンだけが「なんだかよく分からないが危険なのでは」と敬遠されてきたと感じています。
しかし、コロナ禍において、オゾンが消毒液不在(買い占め)のなか、しっかりと皆さまの感染防止・健康維持に役立ち、感染拡大の抑止に貢献した結果、今過去にないほどオゾンの普及が拡大しています。

店舗の入り口に手指の消毒用として置かれるオゾン水

店舗の入り口に手指の消毒用として置かれるオゾン水

正しい言葉が正しい理解につながる

正しい言葉が正しい理解につながる
当サイトでは、「正しい言葉」を使います。
当然のことだと思われるかもしれませんが、インターネットで殺菌や消毒、あるいは新型コロナウイルスに関する情報を検索すると、正しい言葉が使われてる方が少ない印象です。(「専門家」と呼ばれる人でさえ不適切な言葉を使っていることもあります)

たとえば、「菌を殺す」から「殺菌」と言います。
「ウイルスを殺菌する」は、厳密に言うと適切ではなく、「ウイルスを不活化(感染できない状態)する」が正しい表現です。
新型コロナウイルスは「SARS-CoV-2」であり、新型コロナウイルス感染症という病気を「COVID-19」と呼びます。
ですから、「新型コロナウイルス(COVID-19)」と表記するのは不適切です。

正しい理解を持つ人は、正しい言葉の使い方をします。
裏を返せば、正しい言葉を使わない人は、正しい理解をしていない可能性があります。

正しい理解をしていない人の情報をインプットすればするほど、真実から遠ざかり、頭の中がごちゃごちゃになって、その情報整理に疲弊し、人は理解を放棄しそうになりがちです。
このサイト(なるほどオゾン)は、「日本の公衆衛生に貢献を」がスローガンの日本オゾン最先端技術研究所という団体によって管理されています。
私たちの願いは、1人でも多くの方にオゾンを正しく理解していただき、それを役立ててもらうことです。
そのために、私たちは正しい理解はもとより、「正しい言葉」でお伝えすることが非常に重要だと考えています。